法人ビジネスローンとは?

ビジネスローンの審査でのNG事項

赤字経営は致命的

ビジネスローンは銀行の融資に比較すると借りやすいローンですが、それでもNG事項はあります。たとえば致命的と言ってもいいのが赤字です。実は審査に厳しいと言われている銀行の融資は返済能力重視であるため、たとえ赤字経営でも融資が通る可能性があります。この会社は今後黒字に転じるだろうと判断されれば融資をします。ところがビジネスローンはあくまで決算書重視です。決算書の内容が悪いときには審査には通りません。

税金の未納もNG

ビジネスローンだけでなく、通常の銀行の融資でもそうですが、ローンの審査では税金の未納がないというのが前提になります。融資を受けたいと考えていても、税金に未納があったら決算書の内容が良くても審査には通りません。税金の未納を隠して申し込んでも、納税証明書の提出が必要であることがほとんどなので、必ず発覚します。掛売によって事業を行っている会社では、取引先の支払が滞ったためにつなぎ資金が必要になって融資の申込をするケースがありますが、このとき税金の未納があって融資の申込が通らないことが良くありますので注意しましょう。もし融資を受けたいのであれば、経営者がノンバンク系から個人的に借入して納税をしてから申込しましょう。

債務超過もアウト

通常の銀行の融資と同様に、ビジネスローンでも債務超過では融資を受けるのは困難です。むしろビジネスローンは、決算書を元にスコアリングによって融資の可否を決定しますので、交渉の余地なく断られます。ある意味で銀行の融資よりも厳しいと言えるでしょう。決算書には「含み損益表」という項目がありますが、こここで赤字になっている場合には債務超過と見なされますので注意しましょう。このほか、節税対策のしすぎもスコアリングを悪くします。節税をやりすぎて利益の薄い会社に対してはビジネスローンではスコアリングを悪くします。また、いわゆる無借金経営も良くないと言われています。会社そのものが融資を受けた実績のないときには、信用は低いと見なされます。