法人ビジネスローンとは?

ビジネスローンは個人事業主でも融資可能か?

銀行の融資より簡単

ビジネスローンは担保も保証人も不要である点から、借りやすいと言えます。従来の銀行融資では、信用格付けによって融資の可否や融資額を決めていました。この方法では大きな企業や資産を持っている事業主に有利です。そのため個人事業主には利用できないことが多くありました。ビジネスローンは、こういった格付けを用いるのではなく、個人事業主の個人的な属性や経営状態、財務状況などを数値化して審査しています。そのため、個人事業主でも借りやすいローンになっています。

個人事業主が利用するには

ビジネスローンは主に中小企業向けのものとして始まりましたが、近年では個人事業主でも借入できる商品が増えています。個人事業主を重視し、そちらを主な顧客としているビジネスローンも存在します。運転資金やつなぎ資金、仕入れ代金などを借入したいと考えている個人事業主は、ビジネスローンを提供している金融機関を調べてみましょう。個人事業主でも融資可能であるビジネスローンは、そのような記載が公式ホームにあるはずです。ただし、中小企業などに比較すると融資の限度額は控えめですし、金利も高くなってしまう可能性はあります。

総量規制の対象外

ビジネスローンの大きな特徴として、総量規制の適用を受けないということがあります。総量規制は主に消費者金融業者からの借入に関する規制で、年収の3分の1以上の貸付を行ってはならないとするものです。とはいっても、消費者金融業者からの借入と、クレジットカードのキャッシング枠についての規制であり、ビジネスローンは対象外です。個人事業主の場合にも、総量規制の対象外として扱われます。もし個人事業主本人が消費者金融業者からの借入額が年収の3分の1に達していたとしても、ビジネスローンの審査には基本的に関係ありません。ただ、融資を受けられても融資枠が狭くなることも考えられますし、融資が受けられない可能性もあります。中小企業が利用するにあたっても、代表者の個人的な借金の額が大きいときには審査に影響があります。