法人ビジネスローンとは?

ビジネスローンの審査方法は?

ビジネスローンの借りやすさ

ビジネスローンは一般的に事業性の資金としては銀行の融資よりも借りやすくなっています。銀行から融資を受けるには、担当者に会社の経営状態などについて細かいところまで説明して財務問題や保証人、担保などの必要項目について審査していきますが、ビジネスローンにおいては、その手間はかかりません。保証人や担保は原則不要ですし、銀行の融資のような時間のかかる細かい審査が行われることはありません。

審査の仕方

ビジネスローンの審査は「スコアリング」という方法によって行われます。提出される決算書や自営業者の確定申告書の内容を数値化したものです。このスコアリングのシステムを導入することによって、自動的に審査を行って融資額を決めていきます。これによって審査が銀行の融資に比較して格段にスピーディになっています。ビジネスローンを提供している金融機関は、それぞれに独自にデータベースを保有しており、申込をしてきた事業者の決算書や確定申告書などをパソコンに入力して、統計に基づいて審査していきます。このスコアリングの点数が高ければ融資枠は大きくなりますし、金利も安くなります。そのため、決算書の作成が重要案なポイントとなっています。

スコアリングの項目は?

ビジネスローンの審査で使われるスコアリングは、申込者である事業主に関する情報を点数化するものです。どのような項目をどう数値化するかというのは金融機関にとっては秘匿情報にあたるため、おおよその情報しか分かっていません。重視されているのは、申込者の年齡や売上、業務歴、申込者・経営者の住居形態や配偶者の有無などと言われています。自営業者であれば、なおのこと本人の属性が重視されます。あまり知られていないことですが、個人事業主で携帯電話やスマートフォンだけで固定電話を持っていないと審査では不利になります。また、事業主が賃貸マンションに住んでいるよりも持ち家に住んでいる方がスコアリングは良くなります。