法人ビジネスローンとは?

法人に対して融資されるビジネスローンとは?

無担保で保証人なし

法人が利用できるローンにビジネスローンというものがあります。大企業向けというより、中小企業や個人事業主向けのものが多いのが特徴です。ビジネスローンというと、基本的には法人名義で借入するもので、無担保で第三者の連帯保証が必要ないものを指します。個人消費者であれば、いわゆるサラ金などと呼ばれる消費者金融業者からの借入をすることになりますが、それを法人向けにしたとイメージしておけば、ほぼ間違いないでしょう。審査のスピードが早く、最短1日で審査が終了して融資可能という商品もあります。提供するのは銀行やカード会社、またノンバンクや消費者金融業者などになります。法人や個人事業主が開業に必要な資金や運転資金、仕入れのための費用などを融資します。ビジネスローンは一般的に無担保であるため金利が高い傾向にあります。担保付きの融資とかなり異なっていることが多いため、無担保・無保証のビジネスローンでは短期的な資金調達として用いることが多いです。

融資を受けるには

運転資金や開業資金、つなぎ資金としてビジネスローンを利用したいと考える自営業者や個人事業主も多くいます。中小企業にもビジネスローンを検討する経営者は多いでしょう。ビジネスローンは審査が早いことから、利用しやすいと思われがちですが、一定の条件を満たしていないと融資は受けられません。ビジネスローンを適用する銀行や信販会社にもよりますが、税金の滞納がないこと、債務超過に陥っていないこと、また事業を開始し2年以上経過していることが条件となっていることが通常です。逆に言うと、この3条件が揃っていれば融資の可能性は高いです。審査にあたっては、納税証明書と2期分の決算書や貸借対照表、確定申告書を提示することが多く、審査ではこういった書類の情報を使うことになります。審査では信用情報機関に照会して問題がないかどうかをチェックし、信用できると判断されたら融資可能という決定が下ります。中には事業を開始して間もない会社や自営業者に対しても融資が可能な業者もありますので、良く調べてみましょう。


ビジネスローン比較ラボ
おすすめのビジネスローンが見つかります。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンのメリットは、提出する必要書類が少なく、審査がスピーディであることです。担保も保証人も不要という点も大きなメリットでしょう。返済不能に陥っても家屋が差し押さえられるわけでもありませんし、保証人である第三者に迷惑をかけることもありません。事業主が受けられる融資としては、日本政策金融公庫や信用保証協会の保証を受ける公的融資などがありますが、こういったところから融資を受けようとすると、事業計画書や返済計画書を用意する必要もありますし、経営者が支店などに出向いて担当者に会社のセールスポイントなどを充分に説明する必要もあります。銀行の通常の企業向けの融資も同様で、事業者の不動産についての資料や財務内容が分かる書類、経営内容を分析した書類などを提出して、さらに面談が必要になります。ビジネスローンでは、こうした手間は必要ありません。審査から融資までの時間が短いというのは大きなメリットでしょう。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンは審査が簡単でスピーディというメリットはありますが、公的融資や銀行の企業融資などと比較して高い金利が設定されているというデメリットがあります。また融資の限度額も公的融資に比較すると低めですし、返済期間も短期です。金利が高いのは、担保や保証人が不要だからです。公的融資や銀行の会社向け融資では第三者保証人を立てたり、担保を付けたりしますが、これは融資した会社や企業が経営破綻しても、貸した資金を担保や保証人から回収するためです。ビジネスローンにはこうした回収手段がないので、金利を高くすることによってリスクを軽減するという方法を採ることになります。もし経営破綻してしまっても、すでに金利という形で貸した資金の相当部分を回収できるからです。こうしたメリット・デメリットを理解したうえで申込するようにしましょう。

ファクタリング売掛債権資金調達ガイド
xn--bck2ad3dwftfrc.top
おすすめのファクタリング業者が見つかります。